スポンサード リンク
メニュー
HOME 「Photofiltre」
ダウンロード&日本語化
「Photofiltre」
機能解説
「Photofiltre」で
画像補正
「Photofiltre」プラグイン

HOME 「Photofiltre」で画像補正 写真を切り抜いてバナーを作成する
写真を切り抜いてバナーを作成する

自分で撮影した写真などを切り抜いて
ブログなどでも使用できるオリジナルのバナーを作成する方法です。
切り抜いた写真には文字コマンド( 「イメージ」→「テキスト」(またはツールバーのアイコン)で
画像に直接文字入力を行うこともできます。

例)サンプルとして以下のバナーを作成します。
  大きさは486×60ピクセルです。

※題字には「あくあフォント」を使用させて頂きました。


1.「選択」→「範囲入力」コマンドで切り抜き範囲の設定を行います。

2.「縦横比を保持」を選択して最終的に作成したいバナーの大きさを設定します。
 (あらかじめ画像の比率を固定しておくことで、大きめ・小さめに画像を切り抜いても
  最後にリサイズすれば切り抜きたい大きさの画像を作成することができます)

ここでは例として468×60の大きさを入力しておきます。
(この例では最終的にこの大きさのバナーを作成します)

3.カーソルを画像の四隅に置いて斜め矢印のアイコンを表示し、
 「Shift」ボタンを押しながら枠の大きさを調節しながらスライダで切り抜きたい範囲を選択します。
 (「Shift」ボタンを押す事で縦横比を維持しながらサイズを変更する事ができます)
 位置や大きさは自由に変えられるので、気に入った構図を見つけられるよう頑張って下さい。

4.切り抜く範囲が決定したら「イメージ」→「トリミング」で
 切り抜きたい範囲を選択します。

5.「イメージ」→「画像解像度」で保存サイズを指定します。
 (ここでは2311×296の数値を468×60の値に入力し直します)。

 最初に「縦横比を保持」にチェックしているので
 同じ比率の468×60の大きさにうまく変更することができました

6.画像の大きさを変更したら「ファイル」→「名前を付けて保存」で画像を保存します。
 保存した画像には「イメージ」→「テキスト」メニューでテキスト入力可能です。
 他にも様々な加工が可能なのでぜひお気に入りのバナーを作成して下さい。


≫前のページに戻る

HOME 「Photofiltre」で画像補正 写真を切り抜いてバナーを作成する

HOME Photofiltre PhotoFiltre
Studio
PictBear Picasa Picasa
ウェブアルバム
管理人ブログ フリーフォント

スポンサード リンク