スポンサード リンク
メニュー
HOME PictBearダウンロード PictBear機能解説 PictBear合成モード解説 PictBearリンク集

HOME PictBear機能解説 PictBear合成モード解説 透明度について
透明度について


「描画モード」を用いた合成のみでなく、透明度を調整する事で、合成したイメージの印象を変えることができます。
ここでもレモンと青空の画像を使って透明度の解説をしていきます。

作例
レモンの画像の上に青空の画像が重なっているという設定です。
透明度を何種類かに変更しながら効果を説明していきます(描画モードは通常です)。
背景画像(下の画像) 貼り付けレイヤー(上の画像)


    通常透明度の度合いを数値で表すときは「不透明度」という指標を用います。 
    不透明度が
100%に近いほど透過の度合いは少なくなります(下の画像が見えにくくなります)。
    逆不透明度がに
0%に近いほど透過の度合いは多くなります(下の画像が見えやすくなります)。

プレビュー 不透明度
100%
70%
50%
30%


このように、不透明度が下がっていくほど、下の画像が良く透けて見えるようになります。

≫機能解説ページに戻る
≫合成モード解説ページに戻る
≫HOMEに戻る

HOME PictBear機能解説 PictBear合成モード解説 透明度について

HOME Photofiltre PhotoFiltre
Studio
PictBear Picasa Picasa
ウェブアルバム
管理人ブログ フリーフォント

スポンサード リンク